探偵トラブルに遭わないために。
当サイトは、探偵トラブルについて解説しています。トラブルを未然に防ぐためにも、ご確認ください。

調査が終わってみると、最初に言っていた金額よりもかなり高い額を請求された。調査結果に納得できない。など探偵への依頼をした後に、トラブルが発生することが時折あるようです。また、探偵との間に起こったトラブル解決を他の探偵に依頼し、さらにトラブルに巻き込まれてしまう事例もあるようです。探偵トラブル解決を探偵に依頼するのは、自分が「だまされやすい人物である。」と言っている様なものと理解してください。

トラブルを起こす探偵(もしくは、探偵を名乗る別モノ)は、横のつながりを持っており、トラブルがトラブルを呼ぶ状況になってしまう場合があります。

そんなトラブルを未然に防ぐには、依頼者側にも、トラブルに巻き込まれない為の知識が必要です。

依頼先が公安委員会への届け出をしている探偵なのかや、契約書の内容を契約の前によく読むことで、ある程度のトラブルは回避できます。注意はしていたけれど、探偵トラブルに巻き込まれてしまった場合、消費者センターや弁護士に相談することをお勧めします。

「探偵から営業電話があって…」そんなトラブルを目にすることがあります。

探偵から一度も接点のない家庭にわざわざ営業電話を行う。考えてみてください、世の中によくある様々な悪徳業者の手口が営業電話から始まります。さて、その探偵って本当に探偵?

仕事がコンスタントに入る探偵事務所が、わざわざそんな電話をかける必要はありません。電話をかけなくても、仕事は入ってくるわけですから。一度お金で損したことのある人は、その点をつかれると、非常にモロク引っかかってしまう率が高いようです。

探偵の仕事は調査。

それ以上でもそれ以下でもありません。まずは探偵を知ること。そこから始めましょう。

悪質な探偵の手口とは
悪質な探偵の手口で、まず、注意してほしいのは、料金に関する手口です。

探偵の料金は各社で料金の額に違いがありますが、一般的に高額です。
浮気調査では、50万円近くの料金が発生することもあるため、探偵に調査を依頼したい人は、少しでも調査料金が安い探偵を探します。

この時、かなり安い金額で調査をすると言う探偵には注意してください。

調査料金の相場と比較して極端に料金が安い(例えば浮気調査で5万円とか)場合、その金額は嘘で、後から高額な調査料金を請求してくることがあります。

また、料金を先払した場合でも注意が必要です。料金を先払は、後から調査料金をとられる可能性が少なくて、安心する人もいますが、調査料金を払って、後はまったく調査をせずに、「調査は失敗しました」と言って、依頼者が苦情を言っても、まったく取り合わない悪質な業者もあります。

この悪質な探偵の手口を防ぐには、ホームページや見積りで提示された調査料金と、契約時の調査料金、追加調査をおこなった場合の料金の確認をしましょう。

料金を先払いで支払う場合は、ちゃんと調査を行っているのか、調査経過をちくいち報告してもらい、調査を失敗したとしても調査報告書を提出してもらうようして、どこか不自然なところがあれば、依頼をキャンセルするなどの対処を考えるべきです。

探偵、依頼者、調査対象者を巻き込むトラブル
探偵の調査は、時には失敗することもあります。これは調査のプロと言っても、探偵も人ですから、どこかで失敗してしまうこともあるでしょう。

失敗しても挽回してくれるなら問題はないのですが、挽回どころか、探偵、依頼者、調査対象者の3者を巻き込むトラブルに発展することもあります。

このトラブルというのが、探偵が違法な方法で調査を行っていた場合です。

探偵は、調査活動を行うことを法律によって認められてはいますが、警察のような捜査権限を持っているわけでもなく、また、調査のためなら違法な手段を使ってもいいわけではありません。

探偵が調査を行って、法律や条例に違反した場合、その探偵が罰則を科せられるのは当然ですが、依頼者にもその罰則が科せられる可能性があります。

しかも、調査対象者に調査が気づかれていたら、調査対象者から訴えられる可能性もあるのです。

このような違法で危険な調査を行っていないかを、依頼者が知ることは難しいです。そのため、調査を依頼しようとしている探偵がこれまでに何らかの罰則を受けたことが無いか、事前に調べることをおすすめします。


(c) 悪質な探偵トラブル対策術、料金トラブルを回避する